8週5日、流産しました

いろいろあって、ずっとブログを更新していませんでした

実は一週間前、流産しました。少しの出血は、3日前からありましたが朝に生理

を思わせる大量出血があり、これは...と思いましたが、仕事に行ってました。

すると、ヌルッとした違和感が立った瞬間にあったかと思うと、胎嚢らしきものが

出ていました。急いで病院に行き、出たものを病院に持参し、検査に

だしました。先生は、おそらく流産ですね~とあっさり。実は、MRIでは赤ちゃん

の袋が3つあり超音波では2つ確認できていました。でも、心拍は確認されず

これ以上はおそらく難しいでしょうとの判断で、1つの胎嚢が出た時点で諦める

形になりました。それで、子宮収縮剤を処方されました。

ここまで、長かったです。42歳で初めての自然妊娠でした。

妊娠反応は高いに、超音波では胎嚢が確認されず子宮外妊娠を疑われ

ました。異常妊娠であると言う判断で、赤ちゃんの居場所を確認するために

MRIで調べた所、確かに子宮内に袋はあると言われました。ただ、

私の場合は大きな筋腫に阻まれて見えないとの診断でした。

様子を見ましょうという事になりました。次に行った時には超音波で袋が

二つは見えました.ほっとしました。でも、この時期はどんどん成長する

時期なのに小さ過ぎると言われました。

hcg値だけは上昇しているけれど成長が気になりました。と、思った矢先に

胎嚢が出てきて...。やっと授かった命なのに、何で

双子ちゃんかも?って言われたとき、もう無理かも?って思ってたのに人生の

逆転ってあるんや~って、頑張ろうって思いました。人生が開ける気が

しました。

ぬか喜びでした。こんなに落ちる事が待ってたとは...

また、処方された子宮収縮剤の痛みが半端なく激痛で...常に腹痛状態で。

身も心もボロボロでした。1つ胎嚢が出た後、1日おいてまた1つ出て、翌日に

また1つ計3つ出てきました。これが、赤ちゃんになるはずだったのかと思うと、

たまらない寂しさ、悔しさでいっぱいでした。流産って、よくある事って同僚に

言われたけれど、気持は治まりません。自分にはもう時間がないのです。

流産の原因は染色体の問題で育たないからだとは言われますが、

分かっていても自分には残された時間がないだけに焦りと苛立ちにしか

ならないのです。後、私自身が高齢で卵子が老化しているのも事実です。

更なる悪い事に、胎嚢の検査の結果、正常な妊娠組織の一部に

胞状奇胎が見られるとの事で、ソウハ手術をしないといけない事に

なりました。昨日、手術を受けて今日は自宅で療養しております。

ソウハ手術自体は麻酔が効いて術後の痛みはありましたが、何と言っても

前処置が激痛で涙がでました。ソウハ手術も通常は胞状奇胎の場合は

2回するそうで、hcg値をみながら考えると言われています。

どうなるんやろ~

筋腫も今回の妊娠で大きくなり、2つあるうち1つは7,5センチになって

ました。今から1年半前筋腫がある事が分かりましたが、手術をして

一年後に妊娠を考える選択肢はありませんでした。時間がない、

色々調べて筋腫を小さくする食べ物を大量に摂って、何とか自力でやって

きました。最近では、官足法という足モミを知ってそれもやっていました。

いろいろやってきたけど、そう効果が今はなく、逆にすぐ手術を

してた方がよっぽど近道で、ただでさえ時間がないのに、反って遠回りを

してしまった自分の置かれた状況に、悔しくてたまりません。

誰も責めれません。人生やり直しは出来るって言っても、これは出来ないです。

重大なミスをしてしまいました。描いてない、一番なりなくなかった事に

なってます。子供だけが全てではないかも知れません。でも、今はそう

きっぱり割り切れないです。だからといって残された手段も険しいです。

自分がどうなるのかと思います。

いい方向に向かえる様に今のどん底を残して、上がれる方法を考えたいと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック